医療法人 公仁会 姫路中央病院
文字サイズ
標準
お問合せ お問合せ 病院施設 病院施設

内科

理念・基本方針

地域の医療機関と綿密な連携を保ち、地域の皆様の健康を守るホームドクターとして安全で安心な暮らしに少しでも貢献ができ患者さん全体のさまざまな問題点に対応できる内科を目指しています。

診療内容

がんや冠動脈疾患、脳血管障害といった各疾患による死亡でなく、その原因となっている予防可能な日本人の死亡原因に関して、2012年に以下のような内容の論文が英文誌に発表されています。
年間96万人の全死亡のうち死亡リスク上昇分は、
①喫煙が13.4%(12.9万人)、②高血圧が10.8%、③運動不足が5.4%、④高血糖が3.5%、⑤食塩摂取過多が3.5%、⑥飲酒関連が3.2%、
続いて、⑦ヘリコバクターピロリ感染、⑧高LDL血症、⑨C型肝炎、⑩多価不飽和脂肪酸の低摂取、⑪高BMI(肥満)、⑫B型肝炎、⑬野菜・果物の低摂取。
これらのほとんどは、我々の守備範囲です。一般内科におまかせください。

主な疾患

高血圧・糖尿病・脂質異常など内科全般

医師・スタッフ紹介

笠原 明宣
役 職
内科副部長
専門領域
一般内科
専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
メッセージ
救急病院で長年内科救急疾患全般を担当してきましたが、通常の外来診療では、糖尿病診療、消化器、特に 肝疾患の診療を得意としています。
出身の大学医局が呼吸器科であったため、呼吸器診療にも力を入れています。
元スモーカーとして、喫煙患者さんには特に親近感を抱いています。喫煙患者さんの生命予後の改善に何らかのお手伝いが できたらと考えてます。
一般内科の担当範囲は広く、以下の日本の学会に所属しています。
内科学会・消化器病学会・肝臓学会消化器内視鏡学会呼吸器学会肺癌学会循環器学会脳卒中学会老年医学会
田淵 剛
役 職
医長
専門領域
一般内科
メッセージ
近年、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が急増しており、また低年齢化しています。そのまま放置しておくと脳卒中、心筋梗塞など動脈硬化による重大な病気を発症する危険性があります。
生活習慣病は早期に発見して病気の進行をくい止めることが大切です。
これらの疾病への治療を中心とし、地域に根差した医療を提供していきたいと考えています。