医療法人 公仁会 姫路中央病院

PET検診

PET検査とは

PET(Positron Emission Tomography)検査とは、「陽電子放射断層撮影装置」を用いた検査のことで、腫瘍組織や心臓・脳などの働きを断層画像としてとらえる新しい検査方法です。ブドウ糖を多量に摂取するがん細胞の特性を利用し、細胞がどのような働きをしているかを診ることで、がんの有無や位置、進行具合などのほか、腫瘍の良性・悪性の鑑別などを行うことができます。
がんに対するPET検査では主にFDGというブドウ糖に似た薬剤を用います。このFDGはブドウ糖にポジトロン核種の一つ、フッ素( 18F)を結合させた物質です。

これを人体に投与するとブドウ糖の取り込みの盛んな部位、臓器にFDGが取り込まれます。FDGからはγ線が放出されますからこれをPET装置で捉えて画像化できるのです。ブドウ糖は代謝が盛んな脳や肝臓、また排泄経路である腎臓や膀胱に多く集まります。一方病気で取り込みが増える代表的なものは悪性腫瘍です。活発な細胞分裂をする悪性腫瘍、がんは正常の3-8倍のブドウ糖を取り込み、同時に多くのFDGも取り込みます。PETではこれを検出して、体のどの部分にがん細胞があるのか、注射1本で検出することが可能です。

PET検査の仕組み

がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発なため、3〜8倍のブドウ糖を取り込むという特徴があります。
PET検査は、その特徴を利用してたくさんブドウ糖を取り込んでいる細胞を探し、がんを発見します。

がん細胞と正常な細胞
PETの診察は、毎週 火・金曜日です。
もっと見る

PET検査の特徴

1.驚くほど楽
FDGを静脈注射し全身を撮影するだけで苦痛や不快感はありません。
2.全身を診る
たった一度の撮影で全身の状態を診ることができます。
3.がんの早期発見、
がんの転移や再発の発見
見つけにくいとされていた「がん」の早期発見が可能です。
また全身検査ですから予想しない遠隔転移や再発の発見が可能です。
70歳女性 乳癌
70歳女性 乳癌 PET画像
PET画像
CT画像
CT画像
4.安全な検査
検査による被曝量は、胸部CT検査の半分以下であり安全です。
5. PET検査の限界、弱点
FDGという薬剤は癌にも集まりますが肺炎、慢性甲状腺炎、胃炎などの炎症性病変や一部の良性腫瘍(甲状腺腺腫、耳下腺腫瘍の一部)などにも集まります。PET検査で数mmの非常に小さなガンまで全て見つかるというわけではありません。またPET検査では見つかりやすいガンと見つけにくいガンがあります。PET検診で胃に異常がなくても胃内視鏡検査あるいはバリウム検査は定期的に受けられることをお勧めします。
PET検査で見つけやすい癌
肺癌、乳癌、頭頚部癌(咽頭、喉頭、甲状腺、舌)、大腸癌、膵臓癌、悪性リンパ腫
PET検査で見つけにくい癌
胃癌、食道の表在癌、泌尿器系悪性腫瘍(腎臓、尿管、膀胱、前立腺)、肝細胞癌、白血病
もっと見る

PET検査の流れ

1
受付と問診
PET検査前に放射線科医師よりPET検査の内容、限界、被爆などについて説明、既往歴、現病歴、嗜好(糖尿病の有無)の確認など行います。
受付と問診 イメージ
受付と問診 イメージ
2
検査薬(FDG)
注射
PETセンター専任看護師により自動注入器にて検査薬(FDG)を静脈から注射します。
検査薬(FDG)注射 イメージ
薬剤(FDG)注射 イメージ
3
安 静
検査薬(FDG)が全身に行きわたるまで安静にして、40〜50分ほど待機していただきます。
安 静 イメージ
安 静 イメージ
4
PET装置での
撮影
(40〜50分)
PET検査室で頭部から鼠径部までの撮影を行います。当院にはフィリップス社製PETカメラがあり2名の放射線技師にて撮影を行っています。
PET装置での撮影 イメージ
PET装置での撮影 イメージ
もっと見る

料金システム

コース名 ベーシックコース スタンダードコース スタンダード+胃カメラ
検診内容 93,700円(税込) 135,200円(税込) 149,500円(税込)
PET検査
CT検査(胸部-骨盤部) オプション※1
17,600円
超音波検査(腹部、甲状腺) オプション
11,200円
血液検査、便潜血検査(腫瘍マーカー、肝炎、ピロリ検査) オプション
12,700円
上部内視鏡検査(胃カメラ) オプション
14,300円
所要時間 約2-3時間 約4-5時間 スタンダードコース+
別に1日※2

PET検査にオプションをプラスしてさらに詳しく。
ご自身の気になる体調に合わせて検査をオーダーメイドできます。PET検査のみでももちろんお受けいただけます。

※上部内視鏡検査をご希望の場合は、PET検査とは別に内視鏡検査日を予約していただきます。
※PET検査に使用の薬剤はご予約に合わせ購入をしております。
そのため、予約日から1週間以内のご予約変更またはキャンセルが出来ません。
その場合、キャンセル料が発生することがございますのでご注意ください。
※1 ベーシックコースではCT検査(胸部、腹部、骨盤部)を追加希望される場合
全額で111,300円(税込み)となります。
※2 PET検査とは別に内視鏡検査日を予約して頂きます。
血液検査の内容は、空腹時血糖値、腫瘍マーカー、肝炎ウィルス検査、ピロリ菌検査となっております。 腫瘍マーカー(5項目)の内容はCEA,AFP,CA19-9,SCC,PSA(男性のみ)、CA-125(女性のみ)となっております。
もっと見る

ご予約方法

  • [PET検診]
完全予約制

お申込み窓口:
姫路中央病院附属クリニックPET健診センター

TEL:079-235-3600
受付時間:月~土 8:30~17:00

ホームページ上からのご予約も可能です。

PET検診のWEBお申込み

検診日の御希望日を調整し御予約を承ります。
コースの選定には料金システムをクリックしご参考ください。
ご不明な点はお問い合わせください。

※検査予約枠に限りがあり、検査日のご希望に添えない場合がございますがご了承願います。
※後日PET検診予約票、便採取キット(オプションで採血検査をお選び頂いた場合)をお送り致します。
検査当日
クリニック2F PET健診センター受付に、
予約時刻までにお越しください。
PET検診のキャンセルおよび予約日時の変更は、1週間前までに御連絡ください。それ以降のキャンセルは不可となります
検査当日 イメージ
検査当日 イメージ

PET・SPECT他院御紹介

核医学検査予約手順


1
電話で予約
TEL.079-235-3600
月曜-土曜日 8:30-17:00(祝祭日・年末年始を除く)
2
FAXにて
診療情報
提供書を送信
FAX.079-235-6009
診療情報受診をもって予約完了とさせて頂きます。
検査日の数日前までに御返信ください。
3
PET検診の
準備
  • ・患者さんへの御説明
    PET検査予約票の注意事項を御説明ください。絶食の御指示(糖分を含む点滴の中止も)と前日に疲労の残る運動の禁止などには御注意ください。
    内服中の薬剤についても患者さんに指示を御願いします。 患者さん用PET検査予約票
    (PDF)
  • ・患者さんへお渡しください
    診療情報提供書を封筒に入れて患者さんにお渡しください。当院で同時にCT検査を受けて頂くのがもっとも望ましいのですが、PET検査のみの場合は必ずCT,MRI等の参照画像貸し出しを御願いします。お忘れの場合、結果報告が遅れることもありますので御注意ください。
  • ・PET検査結果
    後日、紹介元医療機関に返送致します。当院から患者さんご本人への結果説明は原則差し控えております。
もっと見る