医療相談
ホーム > ご利用案内 > 院内ご利用の手引き  医療相談
医療相談

当院では、「医療ソーシャルワーカー」が、病気になることで生じる生活上の様々な困難について患者自身が解決または改善していけるように、社会福祉的な知識と技術を使いながら、患者様の生活全体を支援しております。

①経済的問題の解決、調整援助

入院、入院外を問わず、患者様が医療費、生活費に困っている場合に、保険、福祉等関係諸制度を活用できるように援助します。

②療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助

入院、入院外を問わず、生活と傷病の状況から生ずる心理的・社会的問題の予防や早期の対応を行うためこれらの諸問題を予測し、相談に応じ下記に代表される項目等の解決、調整に必要な援助を行います。

(1)
受診や入院、在宅医療に伴う不安等の問題の解決への援助
(2)
療養中の家事、育児、教育、職業等の問題の解決を援助する事
(3)
傷病や療養に伴って生じる家族関係の葛藤に対応し、家族関係の調整を援助する事
(4)
患者様同士や職員との人間関係の調整を援助する事
(5)
患者様の死による家族の精神的苦痛の軽減、克服、生活の再設計を援助する事

③受診・受療援助

入院、入院外を問わず、下記に代表される項目の受診、受療の援助を行う。

(1)
生活と傷病の状況に適切に対応した医療の受け方について援助する事
(2)
診断、治療内容に関する不安がある場合に、患者・家族の心理的・社会的状況を踏まえて、その理解を援助する事
(3)
心理的・社会的原因で症状の出る患者について情報を収集し、医師等へ提供すると共に、人間関係の調整、社会資源の活用等による問題の解決を援助する事
(4)
その他診療に参考となる情報を収集し、医師、看護婦等へ提供すること

④退院(社会復帰)援助

生活と傷病や障害の状況から退院・退所に伴い生ずる経済的、心理的・社会的問題の予防や早期の対応を行うため、これらの諸問題を予測し、 相談に応じ、次のような解決、調整に必要な援助を行う。

(1)
転院のための医療機関、退院・退所後の社会福祉施設等の選定の援助
(2)
住居の確保、傷病や障害に適した改造等住居問題の解決の援助
(3)
復職・復学の援助
(4)
転院、在宅医療等に伴う患者、家族の不安等の問題の解決の援助

ページトップへ