医療機関からの御予約
ホーム > 健診のご案内 > PET検査 > 医療機関からの御予約
PET検査

PET検査保険適用の条件

Condition of PET inspection insurance application

保険診療の場合下記適用条件を満たしていることが必要です。

疾患名

保険適用条件

てんかん 難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる場合
虚血性心疾患 虚血性心疾患による心不全患者で心筋組織のviability診断が必要、かつ、心筋シンチグラフィーで判定困難である。
肺癌 他の検査、画像診断により肺癌の存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない。
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
乳癌 他の検査、画像診断により肺癌の存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない。
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
大腸癌 他の検査、画像診断により肺癌の存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない。
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
頭頚部癌 他の検査、画像診断により肺癌の存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない。
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
食道癌 他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
脳腫瘍 他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
膵癌 他の検査、画像診断により膵癌の存在を疑うが腫瘤形成性膵炎との鑑別が困難。
他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
悪性リンパ腫 他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
転移性肝癌 他の検査、画像診断により転移性肝癌を疑うが、病理診断により確定診断が得られない。原発巣が不明。
原発不明癌 リンパ節生検、画像診断等で転移巣が疑われ、かつ、腫瘍マーカーが高値を示すなど、悪性腫瘍の存在を疑うが、原発が不明。
悪性黒色腫 他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
子宮癌 他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。
卵巣癌 他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない。

※上記のいずれにも該当しない場合は、保険診療の適用外となります。


PET検査予約手順

PET inspection reservation procedure

1.電話で予約

TEL.079-235-3600
月曜-土曜日 8:30-17:00(祝祭日・年末年始を除く)

2.FAXにて診療情報提供書を送信

FAX.079-235-6009
FAXの返信をもって予約完了とさせて頂きます。検査日の数日前までに御返信ください。

3.PET検査の準備

  • 患者様への御説明
    PET検査予約票の注意事項を御説明ください。絶食の御指示(糖分を含む点滴の中止も)と前日に疲労の残る運動の禁止などには御注意ください。
    内服中の薬剤についても患者様に指示を御願いします。
  • 患者様へお渡しください
    診療情報提供書を封筒に入れて患者様にお渡しください。当院で同時にCT検査を受けて頂くのがもっとも望ましいのですが、PET検査のみの場合は必ずCT,MRI等の参照画像貸し出しを御願いします。お忘れの場合、結果報告が遅れることもありますので御注意ください。
  • PET検査結果
    後日、紹介元医療機関に返送致します。当院から患者様ご本人への結果説明は原則差し控えております。


ページトップへ