PET検査
ホーム > 健診のご案内 > PET検査
PET検査

PET検査とは

PET(Positron Emission Tomography)検査とは、「陽電子放射断層撮影装置」を用いた検査のことで、腫瘍組織や心臓・脳などの働きを断層画像としてとらえる新しい検査方法です。ブドウ糖を多量に摂取するがん細胞の特性を利用し、細胞がどのような働きをしているかを診ることで、がんの有無や位置、進行具合などのほか、腫瘍の良性・悪性の鑑別などを行うことができます。
 がんに対するPET検査では主にFDGというブドウ糖に似た薬剤を用います。このFDGはブドウ糖にポジトロン核種の一つ、フッ素(18F)を結合させた物質です。当院には住友重機製のサイクロトロンという特殊な装置(下図左)があり、専門スタッフの協力により院内で合成作成しています。


これを人体に投与するとブドウ糖の取り込みの盛んな部位、臓器にFDGが取り込まれます。FDGからはγ線が放出されますからこれをPET装置で捉えて画像化できるのです。ブドウ糖は代謝が盛んな脳や肝臓、また排泄経路である腎臓や膀胱に多く集まります。一方病気で取り込みが増える代表的なものは悪性腫瘍です。活発な細胞分裂をする悪性腫瘍、がんは正常の3-8倍のブドウ糖を取り込み、同時に多くのFDGも取り込みます。PETではこれを検出して、体のどの部分にがん細胞があるのか、注射1本で検出することが可能です。

診療カレンダー

2017月4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2017月5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             

は休診日です。
※臨時休診は随時お知らせします。
※検査日は、日によって変更になる可能性があります。


ページトップへ