PET検査の特徴
ホーム > 健診のご案内 > PET検査 > PET検査の特徴
PET検査

PET検査の特徴

Feature of PET inspection

1.驚くほど楽

FDGを静脈注射し全身を撮影するだけで苦痛や不快感はありません。

2.全身を診る

たった一度の撮影で全身の状態を診ることができます。

3.がんの早期発見、がんの転移や再発の発見

見つけにくいとされていた「がん」の早期発見が可能です。また全身検査ですから予想しない遠隔転移や再発の発見が可能です。


下咽頭がんのPET画像です。PETとCTの融合画像で評価すると腫瘍やリンパ節転移の位置を正確に評価することができます。

4.安全な検査

検査による被曝量は、胸部CT検査の半分以下であり安全です。

5.PET検査の限界、弱点

FDGという薬剤は癌にも集まりますが肺炎、慢性甲状腺炎、胃炎などの炎症性病変や一部の良性腫瘍(甲状腺腺腫、耳下腺腫瘍の一部)などにも集まります。PET検査で数mmの非常に小さなガンまで全て見つかるというわけではありません。またPET検査では見つかりやすいガンと見つけにくいガンがあります。PET検診で胃に異常がなくても胃内視鏡検査あるいはバリウム検査は定期的に受けられることをお勧めします。

●PET検査で見つけやすい癌
肺癌、乳癌、頭頚部癌(咽頭、喉頭、甲状腺、舌)、大腸癌、膵臓癌、悪性リンパ腫

●PET検査で見つけにくい癌
胃癌、食道の表在癌、泌尿器系悪性腫瘍(腎臓、尿管、膀胱、前立腺)、肝細胞癌、白血病



ページトップへ