診療科 脳神経外科
ホーム > 各診療科・センター > 診療科 脳神経外科
診療科 脳神経外科

理念と目標

Principles and objectives

昭和45年の開院以来、西播磨地区における脳神経外科医療をリードしてきた当科では、脳神経外科が多くの病院に開設された現在においても、特に夜間・休日を中心にした救急医療に関して重要な役割を果たしております。
患者様は頭痛・めまい・手足のしびれなど様々な症状を訴えて来院されますが、「その症状に関して、納得していただける説明をすること」、そして入院治療を必要とされる患者様においては、「患者様一人一人が、その時点で最善の治療を受けられる」よう、努力しております。さらに当院の特徴として、「かかりつけの患者様は、原則としてお断わりしない」をモットーにしています。当院には、姫路市内でも数少ない神経内科医が常勤としており、脳・神経の専門病院として、夜間・休日を含め24時間対応できる体制で日夜診療に当たっています。
また、医療の進歩は日進月歩です。脳・神経の病気でお悩みの患者様・御家族のお力になれるように、スタッフ一同、最良の治療を提供できるように、日々診療知識・技術の向上に努めています。


診療内容

Physician

脳神経外科の治療対象は、クモ膜下出血・脳出血・脳梗塞などの脳血管障害、種々の脳腫瘍、頭部外傷、頭痛・顔面痙攣や三叉神経痛などの機能的神経疾患、 さらには頚椎椎間板ヘルニアなどの脊椎・脊髄疾患で、現在も多くの近隣施設より多数の患者様を紹介いただいております。
 これら専門性の高い治療を要する疾患に関しては、まずCT・MRI・脳血管撮影等の検査を行います。手術に必要な方では、必要に応じて術中誘発電位等のモニタリングを行い安全な手術を目指しています。
 また脳腫瘍や脳動静脈奇形などに対しては、必要に応じてガンマナイフによる放射線治療も行っています。
 平成28年12月より機能神経外科の診療を充実させました。不随意運動症(パーキンソン病、本態製振戦、ジストニア、書痙)に対しては脳深部刺激(DBS)療法、脳・脊髄の外傷や疾患による 筋痙縮には脊髄刺激(SCS)やバクロフェン持続髄注(ITB)療法、神経縮小術などの外科的治療を行います。神経障害性疼痛などの薬物のみで対応できない慢性難治性疼痛に対しては 脳・脊髄刺激療法(MCS、DBS、SCS)で痛みの緩和を目指します。特発性三叉神経痛や半側顔面痙攣に対しては神経減圧術(MVD)も行います
 当院での治療は経験豊かなスタッフが全員で治療方針を検討して行っています。


診療実績

Results

  • 以下の表に主な疾患に関する手術件数を提示しております。近年は未破裂脳動脈瘤に対する予防的手術を受けられる方が増えているのが特徴です。

脳神経外科手術件数

2010

2011

2012

2013 2014 2015
脳腫瘍 開頭腫瘍摘出術

14

7

2

10 4 4
生検・嚢胞穿刺等

4

0

5

3 2 0
経蝶形骨洞腫瘍摘出術

1

1

1

0 6 1
脳動脈瘤 破裂脳動脈瘤手術

6

5

7

3 3 5
未破裂脳動脈瘤手術

9

7

6

8 7 6
脳動静脈奇形摘出術

1

1

1

0 0 0
高血圧性脳内出血 開頭血腫除去術

2

4

2

1 2 4
定位的血腫除去術

0

0

0

0 0 1
外傷性頭蓋内血腫除去術

2

2

1

2 4 3
減圧開頭術

1

0

2

0 0 0
内頸動脈血栓内膜剥離術

3

0

3

1 0 0
頭蓋内血管吻合術

4

4

0

0 1 1
頭蓋形成術

2

1

1

1 1 0
水頭症手術

3

10

6

8 4 2
脳室ドレナージ

4

3

0

15 0 3
穿頭洗浄術

26

55

47

27 27 38
神経血管減圧術

0

4

0

3 2 1
頭蓋内膿瘍摘出術

0

2

0

1 1 0
その他

7

7

5

10 2 3
脊椎・脊髄手術 前方除圧・固定

2

0

0

0 0 0
後方除圧・固定

1

2

1

2 0 0
腫瘍性疾患

0

0

0

0 0 1
血管内手術

0

3

0

2 1 1
手術総数

92

118

90

97 68 74
ガンマナイフ

170

184

218

172 134 146
合計

262

302

308

269 202 220

脳神経外科手術件数

2005

2006

2007

2008

2009

脳腫瘍 開頭腫瘍摘出術

23

12

17

12

17

生検・嚢胞穿刺等

11

3

1

1

5

経蝶形骨洞腫瘍摘出術

4

0

0

0

0

脳動脈瘤 破裂脳動脈瘤手術

18

18

11

14

7

未破裂脳動脈瘤手術

13

12

11

29

23

脳動静脈奇形摘出術

1

0

2

4

1

高血圧性脳内出血 開頭血腫除去術

4

8

8

3

5

定位的血腫除去術

2

0

1

2

3

外傷性頭蓋内血腫除去術

5

6

5

4

2

減圧開頭術

1

7

5

1

3

内頸動脈血栓内膜剥離術

5

1

1

6

4

頭蓋内血管吻合術

3

3

7

8

1

頭蓋形成術

6

3

4

1

4

水頭症手術

20

12

10

19

12

脳室ドレナージ

42

10

5

6

6

穿頭洗浄術

28

44

41

61

34

神経血管減圧術

1

0

1

1

0

頭蓋内膿瘍摘出術

8

3

2

0

1

その他

12

6

3

7

6

脊椎・脊髄手術 前方除圧・固定

7

0

0

0

2

後方除圧・固定

4

5

4

2

4

腫瘍性疾患

0

2

0

1

0

血管内手術

2

2

6

2

1

手術総数

208

158

145

184

131

ガンマナイフ

240

244

199

150

137

合計

448

402

344

334

268

※ 1月1日~12月31日


医師・スタッフ紹介

Doctor and staff introduction

東 徹

役職 名誉院長
専門領域 急性脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷
認定資格 医学博士、脳神経外科専門医、日本医師会認定産業医
メッセージ 病院としては、西播磨の他の医療機関と連携を密にして、地域住民の方々にとって「かけがえのない病院」となることを目標にします。日常診療では、患者様の立場に立って信頼と満足を勝ち得るように努力します。

中村 成夫

役職 脳神経外科顧問
専門領域 脳神経外科疾患全般
脳卒中の外科 (新生児~妊婦~超高齢者の手術経験から一生を俯瞰、集学的治療)
小児神経外科 (一生を俯瞰、教育・地域医療連携を重視)
機能的神経外科 (発症メカニズムとADLを重視、Dr.の治療をバックアップ)
スポーツ医学 (スポーツ障害の予防、スポーツ外傷への対応)
健康増進医学 (20年前健康増進医学講座を開講、将来は地球を健康にする大望)
認定資格 脳神経外科専門医、臨床研修指導医、健康スポーツ医
メッセージ 終生、学びの姿勢を忘れず、愛と情熱をもって診察します。
専門分野を中心に、全身・一生を視野に入れ、全人的治療を行います。
個々の患者さんには、三段階の医療(健康増進医学→予防医学→治療医学)の総合力で対応します。
(1)健康増進医学 (自然治癒力の掘り起こしを指導します。)
(2)予防医学 (他施設にはない only one の脳ドックにも注力しており、未病、無症候性脳疾患を早期に発見し、生活習慣の改善・予防的治療・原因治療を提案します。)
(3)治療医学 (救急医療・適時医療により ADL の改善を目指し、地域医療連携(他施設の専門医、かかりつけ医)を重視しています。
市民公開健康増進講座(院内)を開講しており、出張講演・講座(院外)も積極的に行っています。

西村 卓士

役職 副院長、チーム医療統括部長、脳神経外科医長
専門領域 脳神経外科一般、頭痛診療
認定資格 脳神経外科専門医、日本頭痛学会専門医、日本頭痛学会指導医
メッセージ 脳動脈瘤の手術(クリッピング)を最も得意としています。また、脳腫瘍の手術、頭痛診療にも力を注いでいます。長期的に満足される医療を目指し、診療能力、説明能力の両立も大切と考えています。

後藤 正樹

役職 副院長、 脳神経外科医長
専門領域 脳神経外科一般(脳血管障害)
認定資格 脳神経外科専門医
メッセージ 医療には難解な言葉が多いうえ、脳の病気、特に出血や梗塞などでは一刻を争って治療を開始しなければならないケースも多いのが事実です。また治療後も不幸にして、麻痺や言語障害等、社会生活・日常生活に大きなハンディキャップを抱えていかなければならない方も多数いらっしゃいます。そのような中で、患者様・御家族が少しでも納得をして外来・入院治療を受けていただけるよう、心がけています。

山田 高嗣

役職 脳神経外科医長
専門領域 脳神経外科一般
認定資格 脳神経外科専門医
メッセージ 脳血管障害及び外傷を含め、脳外科全般に対応いています。 地域医療への貢献を第一に患者さんには親切な対応を考えています。

松井 利浩

役職 脳神経外科医長
専門領域 脳神経外科一般(脳血管障害・脳腫瘍)
機能神経外科、てんかん
認定資格 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本神経内視鏡学会 技術認定医、麻酔科標榜医
メッセージ  脳梗塞や脳内出血、クモ膜下出血などの脳血管障害、脳腫瘍の診断・治療だけでなく、不随運動症(パーキンソン病、ジストニア、本態性振戦、書痙)に対する 脳深部刺激療法や難治性疼痛に対する脳脊髄刺激療法、筋痙縮に対するバクロフェン持続髄注療法・神経縮小術、顔面けいれんや痙性斜頸に対するボツリヌス療法などの 機能神経外科の診療も行っています。てんかんの外科的治療適応の相談や薬物治療も行っています。 


ページトップへ